過去の事象は、事実であり経験である。

時にはそれが、自慢や反省の材料となる。

 

数字の世界も過去のオンパレードである。

 

「観測史上最高の・・・」「史上最多の・・・」「リーマンショック以降最低の・・・」等々・・

枚挙にいとまがない。

我々が、過去の経験則を大きな判断基準にしている証拠である。

 

しかし、経済社会は

過去を検証しながらも、全て現在以降の見通しで動いている。

 

将来予測の道具として過去データを活用するという解釈が正しいのであろう。

 

それも疑問に思えてくるほど、社会変革のスピードは加速している。