業種別研修

金融機関

金融機関従事者のビジネス知識は広範囲で多岐にわたります。中でも、財務会計分野は、重要かつ必須であり、銀行検定や証券外務員、証券アナリストなどの協会資格に加えて、 より実務的な財務・会計・税務の素養を早い段階から身に付けることが求められます。

内定者及び新人~幹部社員層の研修において、社内実務研修と並行して、階層ごとに必要なスキルをカスタマイズしてご提供可能です。 特に、通信講座や机上の学習だけではイメージのつき難い財務会計を、グループワークやシミュレーションを通して体感していただけるプログラムをご用意しております。

内定者研修 入社前の段階で、通信講座や効果的な集合研修で証券外務員・簿記等の必須資格を効率的に取得させることで知識レベルの均一化を図り、スムーズな新人研修へと導入させます。
新人研修 金融機関で働く上で、最低限必要な財務会計の知識を、新人研修に組み込んで学習します。
学んだ知識をグループワーク等のケーススタディを通してアウトプットすることにより体感します。
(財務諸表の読み方、日経新聞の読み方、四季報の読み方等、)
中堅社員研修 新人時に学んだ知識を、実務を経てさらに深く活用・分析するための演習・ケーススタディを実施します。
マネジメント層
幹部層向け研修
部店長が把握しておくべき、広範囲にわたる知識体系を学びます。
企業グループのからくり、財務内容のバリュエーションなど
オープンセミナー 社員のスキルアップとして、改めて学んでおきたいというベーシックな内容から、申告書の読み方、IFRS動向等の時事に沿ったテーマなど、ポイントを絞り込んだ研修の開催が可能です。

金融機関財務研修実施例

商社

事業投資判断、与信管理、事業計画など、商社マンの財務スキル活用機会は増加する一方です。 数値を構築するための知識(財務会計)、活動結果を判断する知識(財務分析)、
さらには意思決定の為のシミュレーション技術(管理会計)まで必要分野の知識を網羅します。

セクター及び職制が多岐にわたる商社グループにおいては、部門ごとに、財務スキルのステップアップ型研修と、
必要スキルのピックアップ型研修を併用した研修メニューを準備しております。

新人研修 決算書の読み方、財務分析基礎
中堅社員研修 有価証券報告書の分析(総合分析・個別分析)
原価計算&製造原価見積書の見方
数値による意思決定方法
マネジメント層 財務分析と価値計算技術の活用
オープンセミナー 財務三表の仕組み
キャッシュフローと資金計画
与信管理の手法
ファイナンス理論の活用

商社財務研修実施例

メーカーページの先頭に戻る

メーカーは、流通&サービスを通じてエンドユーザーにアプローチするポジションです。
購買機能、製造機能、販売機能それぞれにおいて、数値の管理と判断が要求されます。

財務分野に関しては、企画、生産、販売、管理に共通する知識レベルの確保と、業務に応じて使える知識の習得に分けてトレーニングする必要があります。

新人・中堅社員研修
オープンセミナー
決算書の読み方、財務分析入門、産業分析、キャッシュフロー分析
ファイナンス理論の活用法、コスト管理の理論
マネジメント層研修 財務分析実践、数値による意思決定

メーカー財務研修実施例

小売・流通ページの先頭に戻る

小売・流通業は、メーカーとエンドユーザーを流通機能で連結するポジションです。メーカーの数値及び小売の数値双方を、サプライチェーン及びバリューチェーンという大きな価値連鎖の中から把握する必要があります。

必要な財務スキルは、基礎的な財務会計知識はもちろん、価値の創造と分配にフォーカスした管理会計技術です。
コスト削減と量販だけでなく、様々な角度から数値を検証する目線が必要になります。

新人研修 決算書の読み方
中堅社員研修
オープンセミナー
与信管理の基礎
原価計算&製造原価見積書の見方
ファイナンス理論の活用法
マネジメント層研修 コストカットの理論
数値で検証するバリューチェーン
数値でチェックする機能的意思決定
数値でチェックする構造的意思決定

小売・流通財務研修実施例

システム&その他サービスページの先頭に戻る

サービス業は、その業態の多様さに比例して必要となる財務知識も多岐にわたります。
業種における違いを理解して、数値を捉える必要があります。業態に応じて、カスタマイズしたプログラムが可能です。

新人研修
中堅社員
マネジメント層研修
オープンセミナー
決算書の読み方、財務分析
コストカットのセオリー、ファイナンス理論、数値による意思決定

お問い合わせはこちら